気になるお葬式の服装

ある日突然予定に入ってくるのがお葬式です。喪服を着ていく、というのはわかっているけどいざというときに慌ててしまってマナー違反をしてしまったらどうしようと思うこともあるのではないでしょうか。

喪服とは喪に服しているということを意味します。正喪服のモーニングや和装と準喪服のブラックフォーマルとありますが、参列をする際は準喪服を着用します。遺族より格が上にならないためです。男性の場合はブラックフォーマルのスーツに白シャツが基本です。ネクタイは黒をつけます。ダブル、シングル、三つぞろいとスーツの種類はいずれも可能です。黒い靴下を着用し、靴も黒ですが金具がないものを選びます。女性の場合も男性同様ブラックフォーマルのワンピースもしくはスーツを着用します。肌を見せないのが原則なので、5分袖以上のものがいいでしょう。ストッキングと靴は黒で金具のないものにします。

バッグは派手な色はもちろんタブーですが、黒でもエナメルなど光沢のあるものや金属がついているものは避けます。また革や毛皮を使用したものは、生き物の殺生を連想させるので避けましょう。冬場に着用するコートも、革や毛皮を使用していないものを選んで着用します。アクセサリーについては、結婚指輪以外の貴金属は時計も含め基本的に身に着けていきません。男性のネクタイピンもにつけません。女性はパールのネックレスをつける場合は必ず一連のものにします。弔事なので、重なるを連想させる二連以上のものはタブーです。お葬式のために一式揃えておくといいです。