子連れのお葬式

お葬式に子供と一緒に参列をしなければならなくなったとき、様々な準備やマナーについてに悩むことでしょう。まずは服装についてです。制服のある学校に通う子供の場合は、制服が正式礼服にあたるのでそれを着用をさせます。制服がない場合は制服風の服装を心掛けます。男の子場合は白いシャツやポロシャツなどに、黒や紺のズボンを合わせます。あれば黒のジャケットやブレザー、カーディガンを着ます。女の子は白いシャツやブラウスに黒や紺のスカートを合わせるか、黒系のワンピースを着用します。素材は男女ともサテン地など光沢のある生地は弔事なので避けましょう。靴下は男女共に黒系が好ましく、くるぶし丈は避けます。靴は黒系のものがベストですが、ローファーや派手ではないスニーカーも問題はないです。

赤ちゃんの場合は、黒や白のベビー服が好ましいと言われていますが、ベージュや薄い控えめな色であれば問題はありません。子連れでの参列の場合は、泣き出したり騒いだりする場合を想定して、すぐ席を外せる場所に座ることをおすすめします。そしてその場にいるのが難しいと判断したら、迷わずそっと退席をしましょう。斎場などの場合スタッフの人にお焼香の時に知らせてもらうようお願いすると対応もしてもらえます。またある程度話ができる年齢になっての参列の際は、お葬式の意味をあらかじめ分かりやすい言葉で話しておきます。大切な人との最後のお別れの時間なので、走り回ったり大声ではしゃいだりしないよう伝えましょう。

遺族側、参列する側ともにお互いが気を悪くしないよう、工夫や配慮を欠かさないようにするといいです。