お葬式の様々なスタイル

大切な人が亡くなったとき行われるお葬式ですが、一言にお葬式と言っても様々なスタイルがあります。昔からあるスタンダードな流れのお葬式が一般葬です。親族や会社関係、友人や知人が集まり故人を偲びます。馴染みのあるスタイルのため高齢者も安心して参列できる他、生前縁のあった人が一度にお見送りできるメリットがあります。

最近注目を集めているのが家族葬です。少人数小規模のスタイルで、ごく親しい人のみで執り行われます。音楽葬やガーデン葬など故人や遺族の想いや希望が反映されやすく、アットホームな雰囲気でお見送りができます。通夜やお葬式を行わず火葬場で行う、直葬、火葬式というスタイルもあります。時間や費用が抑えられるというメリットがあります。しかし、お葬式を行わないということから親族や知人の理解が得られない可能性もあるので十分な話し合いが必要です。

故人の意思で自然葬を執り行うケースもあります。山や海などに散骨をし自然に還る、という考えです。遺骨を埋葬しないため費用や管理の面でカットできるメリットもあります。近年自然葬の一種として宇宙へ散骨する宇宙葬も登場しています。その他には会社の重役などが亡くなられたときに大規模に行う社葬や、亡くなる前に執り行う生前葬などもあります。生前葬は宗教的な儀式は行われないことが多く、お別れの会のような意味合いをもちます。終活が一般的に認知され、お葬式のスタイルもたくさん選べるようになり故人や遺族のニーズも多様化してきています。